菊池牧師による聖書の言葉

菊池牧師のテレフォンメッセージもどうぞ・・0467-78-0374

2020年 8月

「主はすぐ近くにおられます」   (フィリピの信徒への手紙4章5節)

 今月の聖書の御言葉は「主はすぐ近くにおられます」です。その前後にはこう記されています。「主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。」

ここに「喜ぶこと」、「思い煩わないこと」、「感謝を込めて祈ること」の三つが記されています。

 先日の水曜日、ほし組さんだけの「キャンプ・パーティ」を行いました。私は美味しい所だけ参加して、ほし組さんと一緒にカレーライスを頂きました。食事の後に短い礼拝をしました。その時に、私が生まれた時の話をしました。一年で一番寒い1月に私は誕生しました。家の中で助産婦さんに助けられながら、母は私を産み、あまりに寒かったので、布にくるんでこたつに入れたそうです。何気ない話ですが、私はこれまで千回は聞いたかもしれません。それから、夫婦で名前をどう付けるのか悩みに悩んで名付けた、という話も合わせて聞きました。子ども心には、一体何を言っているのかと思っていましたが、親になって分かるのは、子どもの誕生にまつわる喜びの一コマ一コマを子どもに話したかったのだと分かるようになりました。 

 子どもの誕生は特別な喜びです。生まれた我が子が、泣いたり、笑ったり、寝返ったり、座ったりする一つ一つが親にとってはかけがえのない喜びです。その喜びを子どもと一緒に喜びたいので、どうしても生まれた時の話をしてしまうのだろうと思います。だから星組さんの皆さんよ、あなたがたが誕生した時に、家族全体の喜びはどれ程であったろうかと話をしました。

 大切なところは、自分が生まれて来た時の話をされても、子どもは上手に理解出来るかどうかわかりません。でも自分の親が目をキラキラさせて話をしてくれる。その話をするたびに喜んでいることがわかる、という所ではないでしょうか。子どもにとって親が喜んでいるだけで、自分の喜びとなり、そこに安心があり、平安があります。お母さん、お父さんがいつでもどんな時でも、自分と一緒にいてくれる。だから、ありがたい、とは思いません。むしろ当たり前です。親はいつも自分を愛してくれて、自分を大切にしてくれる、それは実に当たり前です。そこに疑う余地が少しも無い。そういう環境が与えられてこそ、子どもは毎日笑顔で元気であり、時にはいたずらや、わがままが言えると思います。

 どう育てようか、どう躾けようかと悩み、思い煩わないようにしましょう。良質な子育ては、毎日、自分が喜んで生きることです。子どもは親が立派な仕事をしているかどうかよりも、近くにいてくれることが喜びです。聖書には「主はすぐ近くにおられます」とあります。私たちが、どんな時にも喜べる理由は、いつでも神様が自分の側にいて下さり、親が子の存在を喜ぶように、神が自分自身の存在を喜んで下さっているところにあります。

 子育てをする、家族を守る、実際は容易ではありません。毎日休みなく、次から次へと課題が与えられ、家族も子どもも思うようには動いてくれないと思っていませんか。でもよく考えると家族がいるのは当たり前ではありません。それぞれに伴侶が与えられた時の喜びはどれほどであったでしょうか。子どもが誕生した時の喜びはどれ程であったでしょうか。その時を思い返すだけで、心と体が喜びに溢れるように、神様は私たちの誕生も、私たちの命も、私たちの家族も、私たちの社会をも守ろうとし下さっていることを忘れないにしましょう。どんな時も主は近くにおられます。