菊池牧師による聖書の言葉

菊池牧師のテレフォンメッセージもどうぞ・・0467-78-0374

2020年 3がつ

わたしたちの主イエス・キリストの名により、父である神に感謝しなさい。」

               エフェソの信徒への手紙5章20節

 シェイクスピアの翻訳家として知られる小田島雄志という方がいます。この方が日本経済新聞の「私の履歴書」という欄にこんな言葉を記したそうです。「人生の楽しみは、喜怒哀楽の総量である」。なんだか素敵な言葉だと思います。小田島さんが記した意味は、人生は楽しい方が良いに決まっているけれど、楽しいことばかりではなく、怒りもあり、悲しみもあり、喜びもあり、色々あって、それらの物を皆集めて人の人生であって、喜びや楽しみはプラスで、怒りや悲しみはマイナスという訳でもなく、全てのものを足し算して、その総量でもって「人生の楽しみ」という、そんな意味だと思います。

 

 私たちは楽しいこと、嬉しいことはプラス、悲しみ、怒りはマイナスと考えてしまいますが、どうも、それは違うようです。全部を足し算した総量が「人生の楽しみ」だというのです。

 

 今月の御言葉を記したパウロという人は、この文章を記した時、諸説ありますが、ローマの牢獄に入れられていたと考えられています。パウロは主イエス・キリストの福音を、人生をかけて宣べ伝え、特にユダヤ人以外の異邦人に熱心に宣べ伝えました。けれど、宣教活動によって自分の身に迫害や、困難が起こることも良く知っていたと思います。実際に、パウロはこの手紙を記した数年後に、暴君ネロの手によって処刑されたと言われます。自分が置かれている状況は最悪の状況だったと言えるでしょう。

 

 けれど、パウロは獄の中で、命が失われるリスクを日々感じつつも、エフェソの教会に宛てて手紙として文章を残し、迫害の中にあっても共同体として一つになり、感謝して与えられている命を生きるようにと一生懸命に記しました。

 「神に感謝しなさい」とは、何でもありがたがって生きなさいという意味とは違います。小田島雄二さんが記したように、喜怒哀楽のある人生、喜びのみならず、悲しみや怒りをも全てを含めて神様の御計画があると信じて受け止め、その先のまだ見えない将来に夢を託し、いつの日か、全てが自分の宝物となる時が与えられると希望を持って生きることなのだと思います。パウロ自身最後までそのような希望に生きた人であったと思います。

 

 今、私たちの国は新型コロナ・ウィルスの拡大に歯止めをかけるために必死になっています。大塚平安教会は、凡そ2週間の行事を中止としました。私が通っているスポーツジムも3日より2週間ほどお休みとなりました。高校生の娘の学校もいきなり休校となりました。けれど不思議なことに、保育園は休園にならず、学童保育には更に子ども達が増えているチグハグな状況が生まれています。多くの会社員は、以前と変わらず満員電車で通勤しています。

 

 このようなことが何を生み出すかというと、人は自分が置かれている状況から物事を見ますから、そこから物事を判断し、不安になったり、不満を募らせたり、怒ったりという現象が、あらゆる地域で生まれているのではないでしょうか。ウィルスの拡大を更に上回るスピードで、人の心の中に不安が増加し、渦巻いているとも言えるでしょう。不安は増幅し、デマかもしれないと思いつつもトイレットペーパーとかティッシュを買いに行ってしまうのです。でもこんな時こそ、全ての事柄のその先に確かな神の御計画があり、今の出来事さえも将来の宝物となる日が来ると信じて、全てを足し算していきながら、不安ではなく希望を持って生きていきたいものです。

2020年 2月

「このように主によってしっかりと立ちなさい。」 

フィリピの信徒への手紙4章1節

 

 先月59歳になりました。もうすぐ60歳か、と色々と思います。岩手県の故郷から小学校の同窓会のお知らせがあり、「還暦だから会おう」ということで盛り上がっていたようです。幼い頃からの親友に電話して今年は出られそうにないと告げたところ、同級生の皆は定年後の仕事や、孫の話しも多いようでした。いつの間にか、「孫!」と驚きましたが、きっとそんな年齢なのだと思います。私の母は、46歳で孫がいて、今は曾孫が中学生です。

 ということで、私も楽しい60代を生きるためにどうしようか、と考えて60代は何よりも体力と健康ではないかと思い、スポーツジムに通うようにしました。ジムに通ってギコギコと鳴る体を動かしていたら、知っている方がいて「先生~、細~」、「先生~、白~」と声をかけて下さいました。苦笑いです。

 ところで「主によってしっかりと立ちなさい」とあります。しっかりと立つためには足腰を鍛える必要があります。体の筋肉は下半身が凡そ7割だと言われます。下半身を鍛えるとかなりしっかりとなってくるでしょう。けれど、もちろん聖書の御言葉ですから、体を鍛えなさいと言っているわけではありません。むしろ、「しっかりと立つ」ための心構えについて告げているわけです。

 心構えとして必要なのは「主によって」という言葉です。主とはイエス・キリストです。この方は、神の子でありながら神様のままでいることを「良し」とされずに、人の姿をとって私たちの世界に誕生されました。それがクリスマスの出来事です。人の姿となられた意味は、人の苦労や辛さも全てその身に引き受けられたということです。一人ひとりの思いをしっかりと共感して下さったということです。

今月の御言葉は、全体としては「神が人となられ、人と共に歩まれたように、あなたも主によってしっかりと立ちなさい。」という意味でしょう。

 ある昔の偉い牧師が説教でこう言ったそうです。「世の中でもっとも扱いにくいのは、「弱さ」でないかと思う。弱い人とは、大事にしすぎるとつけあがるし、厳しすぎるとひねくれるし、甘やかすとまとわりついてくるというように、手に負えない。」と言ったそうです。大分上から目線ではないかと思いますが、偉い先生ならではのお言葉だと思います。

 けれど子育てをしている年代として考えると、うちの子もそうだな~と思われるかもしれません。それは当然です。子どもというのは、まだしっかりと立てないから親が必要であり、しっかりと独り立ちするまでの時間を子育てと呼ぶのでしょう。その間、つけあがったり、ひねくれたり、まとわりついたり、つまり人に依存しながら、何度も何度もそういう弱さ、不完全さを繰り返しながら、トレーニングによって少しずつ体の筋肉が鍛えられていくように、心の筋肉が鍛えられて、次第にしっかりと立ち上がっていくのだと思います。独り立ちの時期はそれぞれ違います。法律上では20歳が子どもと大人の境界線ですが、人によってもっと前の人も、もっと後の人もいるでしょう。ですからそこで求められるのは親もまた「しっかりと立ち続ける」必要があるということです。

 何も子育てに限る訳でもなく、人として、自分の人生をより豊かに生きるためにも誰かに依存するようにして生きるのではなく、逆に人を愛して生きていきたいものです。依存するなら「主なる神」にのみ、だから他の全てのものからは解放されて、自分ならではの確かな人生を歩んでいきたいものです。体の健康も、心の健康もどちらも大切にしながら、寒い冬の時期を乗り越えて過ごして参りましょう。

2020年 1月

わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。」

                      フィリピの信徒への手紙4章13節

 皆さん、新年明けましておめでとうございます。

 古くからの友人の牧師からメールがありまして、年末から年始にかけて、親子でノロウィルスに感染し、腹痛でずっと寝込んでいたというのです。布団の中で色々と思いを馳せていたというのです。寝込みながら色々と将来について考えたというのです。自分も既に57歳となってどこまで生きられるか分からない、どこまで現役を過ごせるのかわからない、だからこれからは大切な残された時間を慎重に生きていきたいというのです。その文章を読みまして、私はなんだかいつもの超元気な彼らしくないな、腹痛から少し気持ちが落ちているのかな?と思いまして、私は今年で59歳だけど、後40年どうやって生きようか楽しみでワクワクしています。と記しました。

 すると帰って来たのは、これからの時代は少しも楽しみではなく、国はこれから政策の失敗で経済破綻を起こすだろうし、私たちの年代の年金は続く望みは薄いし、介護保険のような保障は絶望的であるかのような文章がきました。私は、あら~!凄い後ろ向き!と思いまして、格付けの時の「ガクト風」(分かる人には分かる(笑))に「よし来た!」と返しましたら、大受けしたようでした。

 私たちが生きていく中で、大事なものは沢山あると思います。健康保険や年金、保証、保険も大切です。「万が一」の時に「良かった」と思えるものがあると私たちは安心して生きていけるでしょう。けれど、私たちはいつの間にかそのような制度や保険、保証にこそ頼ってしまっているのではないでしょうか。年金や保険、月々の支払は、侮れない金額のようにも思いますし、何よりも、そのような制度は、私たちの人生に「よし来た!」と思える感情を与えているわけではありません。

 だから、「よし来た!」と思えるように生きるために必要なことは何か、「わたしにはすべてが可能です。」とまで思えるように生きるためにはどうすれば良いのか?となりますが、今月の聖書箇所の少し前にこんな御言葉があります。「なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです。」

 ここに「なすべきことはただ一つ」とあります。「目標を目指してひたすら走ることです。」とあります。私のお正月の楽しみは、箱根駅伝でした。どの大学の学生も目標を目指してひたすらに走り続けていました。今年も沢山の感動がありました。走り続けることで目標がどんどん近づいてくるのです。

 「すべてが可能ではない」理由を私たちはいくらでも上げることが出来ます。年だから、社会的保障が無いから、将来の不安だから、時間が無い、お金が無い、能力が無い、環境が悪い、人の協力が無い、理解してもらえない、いくらでも言えるでしょう。でも、可能と思える人は、理由がありません。ひたすら走り続けているからです。そして、しっかりと目標を持っているからです。

 あなたは自分の子ども達にどんな親の姿を見せたいと思いますか。出来るなら、目標を目指してひたすら走り続ける姿を見せたいと思いませんか。このように生きていきなさいと言葉ではなく、その生き様で見せたいと思いませんか。すべては可能だと子どもが思える生き方を生きたいと思いませんか。そう思われるなら、この新年に行うことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前を見て走り出すだけです。 

2019年 12月

「光は暗闇の中で輝いている。」     ヨハネによる福音書1章5節

 今から57年前にドレーパー記念幼稚園は開園しました。幼稚園の設立にあたり、当時の牧師であった乙幡(おつはた)和雄(かずお)先生と、教会員の角田敏太郎さんという方が中心となって働かれました。角田さんは昨年の11月29日、アドヴェントを前にして天に召されていかれました。86歳の生涯でした。

 先日の11月30日に、敏太郎さんのご家族と一緒に記念会を行いました。改めて敏太郎さんの生涯を振り返る時を持ちました。敏太郎さんは「神に牽引(ひか)れて」という著書を残していますが、その中に、人生で四回挫折があったと記しています。一つ目は、軍国少年として育ちお国の為にと願っていたにも関わらず、日本が戦争に負けてしまい願いが適わなかったこと。二つ目は、15歳の時に父親が天に召されたこと。敏太郎さんは15歳で喪主を務め、それ以降は家族のために働こうと決心されたようです。けれど、三つめ16歳の時、勤め先の国鉄(現在のJR)で、幹部候補生となり、国鉄の幹部養成学校に入学する数日前の仕事中、大きな事故に遭い、片足を失ってしまったこと。この出来事が敏太郎さんにとって最大の試練であったと思います。それでも九死に一生を得て、その後も懸命のリハビリを続け、ついに職場復帰を果たしますが、既に幹部となる道も閉ざされ、完全に生きる目的を失い、お酒を飲みながら仕事をしたこともあったようです。更には四つ目として、この大けがの後遺症のために体のあちらこちらに変調をきたし、何度も入院、手術を繰り返しながら、ついに45歳で職場を去らなければならなかったこと。この四回の挫折は、いずれも自分が思い描き計画していた自分の将来が閉ざされたことを意味しています。

 けれど同時にこれらの総ては、トータルしてみると必ずしも不幸の連続であったとは言えない、とも記しています。というのは、「キリストによる救いを敏太郎がいただいたからである」とまとめられてあります。神様は一方の道を閉ざされる方であるかもしれませが、思いもよらないもう一方の道を開かれる方です。敏太郎さんが立ち直るきっかけとなったのは、当時、厚木基地の中にあった教会に導かれ、更にそこから大塚平安教会を紹介されて、教会にやって来たことによります。教会の中で「闇の中に輝いている光」を見つけたのです。イエス・キリストの光を見つけたからです。この光を一人でも多くの人々に見せたいとの思いを抱き、牧師と共に、幼稚園設立に尽力されて、ドレーパー記念幼稚園を立ち上げ、生涯に亘り幼稚園の理事として重責を担って下さいました。

 「光は暗闇の中で輝いている。」私たちは、普通に自分の人生は自分のものと思っていますが、案外自分で決められることは少ないのです。誰も女性にとか、男性にと願って生まれて来るわけではありません。生まれたら女の子であり、男の子です。親も子供を選ぶことは出来ませんし、子も親を選べません。どの時代に生まれるのか、どの場所に生まれるのかも決めることも出来ません。誰一人として日本人にと願って生まれて来たわけでもありません。あるいは必ずしも丈夫な体でないかもしれません。ですから、私たちは与えられている状況の中で生きて行くしか道はありません。けれど与えられている状況はどうでしょうか?

 敏太郎さんが四度の「闇」を経験したように、私たちもまた「闇」の中を歩む思いをすることがあるのではないでしょうか。しかし「人には出来ないけれど、神には出来る」と言われた御子イエスの誕生は、神様が、私たちに神の光を見せて下さった出来事であったと思います。状況に生きるのではなく、神の光の中に生きていきましょう。どのような時でも大丈夫、なぜなら神様が私たちと共に、いつも一緒にいて下さるからです。クリスマスはもうすぐです。

2019年 11月

「同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして」

              フィリピの信徒への手紙2章2節

 毎月一度「聖書に親しむ会」が行われていますが、10月に行われた会では、ルカによる福音書10章に記されている「マルタとマリア」というタイトルが付けられている箇所を読みました。内容はそれほど難しくはありません。イエス様と弟子たちが旅をする中である村に入りました。そこにはマルタとマリアという姉妹の家があってその家に立ち寄りました。主は以前からこの姉妹とは親交があり、マルタもマリアも主イエスをとても慕っていたと思われます。姉妹は主イエスの一行を喜んで迎え入れ、姉のマルタはもてなしの為に色々とせわしく立ち働きましたが、妹のマリアは主の足元に座って、主の話に聞き入っていました。そのうち、マルタは自分だけが忙しくしているのに気がつき、妹は何もしないのに苛立ちはじめて、思わず主イエスにこう言ってしまいます。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」マルタは、主イエスの口からお姉さんを手伝うようにとマリアに伝えて欲しかったのでしょう。けれど主は答えてこう話しました。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

 イエス様は、マリアに手伝うようにと言わないばかりか、マルタに対して「必要なことはただ一つである。」と話されたわけです。この必要なただ一つのことは一体何か?という話しを聖書の会で話してみたわけです。皆さんは、「ただ一つの必要な事」は一体何だと思われますか?

 先に答えを記してしまいますが、それもそんなに難しくありません。「同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、喜ぶ」ことです。一緒に「喜ぶ」ことです。マルタは、主イエスの一行を迎え入れて、一人で台所に立って、食事等を作っていたのでしょう。きっと当初は喜びに満たされていたと思います。けれど、いつの間にか手が回らなくなり、忙しさから不満が出て来て、手伝わないマリアに対して怒りまで感じ、ついに主にキレてしまったのでしょう。喜びをもって行っていても、いつの間にか不満が出て来る。不満どころか、怒りが出てきてしまう。そんな経験のある方、多いのではないでしょうか。

 私が結婚式の司式をするときは、新郎、新婦にこう尋ねます。「今から後、幸いな時も、災いに会う時も、豊かな時も貧しい時も、健やかな時も病む時も、たがいに愛し、敬い、仕えて、共に生涯を送ることを約束しますか。」幸いなことに、これまで約束しませんと言った方は一人もいません。(#^^#) ですから、私が司式したカップルはどのお二人も幸せに過ごしている「はず」です。でも、現実にはどうでしょうか。ある有名な先生は、「結婚後は、三日目、三週間後、三か月後、三年後が危機である。その後は、毎日が危機である。」と教えてくださいました。この文書を読んでおられる方の中には、そんな方はいらっしゃらないと思いますが、もしいるとしたら、大切な一つのこと、それは「喜んでいる」こと。この言葉をしっかりと胸に納めて欲しいと願います。どんな状態であっても喜ぶことです。喜んでいる人のところに、幸いは「こんにちは」とやって来ます。怒っている人のところでは、幸いは「さようなら」と言うかもしれません。喜んでいるお母さんの笑顔は、子どもにとってみれば、さながら「天使の笑顔」です。 私たちはそのようにして、「同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして」11月も過ごして参りましょう。                          

2019年 10月

「ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び」

                      マルコによる福音書4章8節

 イエス様は、人々に分かり易いようにと、色々な「たとえ話」を用いて話をして下さいましたが、その中でも、特に多くの人々から親しまれているたとえ話が「種を蒔く人の」たとえです。

 「種を蒔く人が、種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽をだした。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の中に落ちた。すると茨が伸びて覆いふさいだので、実を結ばなかった。また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは30倍、あるものは60倍、あるものは100倍にもなった。」そして。「聞く耳のある者は聞きなさい。」と言われた。聞く耳のある人とは、このたとえ話を聞いて、30倍、60倍、100倍の豊かな人生を送るようにと理解した人々なのでしょう。

 当時の農業は、とてもシンプルで単純なものでした。フランスの画家でミレーと言う人が「種を蒔く人」という絵を描きました。皆さんもご存知だと思います。ミレーは、自分が幼かった頃に、畑で働いていた父親の姿を思い浮かべて描いた、とも言われていますが、今月の、このたとえ話が頭の中にあっただろうとも言われています。その絵は、一人の人がただ種を蒔いているだけです。畑を耕して畝を作り、そこに少しずつ蒔いていくようなことはしません。手に握った種をただ畑の中に蒔きちらしているようなものです。ですから種は色々なところに落ちました。ある種は道端に、違う種は石だらけの所に、別の種は茨に落ちました。それらの種は鳥が来て食べたり、ちょっとだけ芽がでても根が成長しなかったり、結局は上手く育たなかったというのです。でも良い土地に落ちた種は、芽生え、成長して実を結び、30倍、60倍、100倍の収穫があった。イエス様はこのたとえをご自身で説明しておられます。それによると種を蒔くとは、神の御言葉を蒔いているのであり、種は私達です。神の御言葉を聞かず、実りをもたらさないか、神の御言葉を聞いて、豊かな実りを実らせるのかのどちからだということでしょう。

 私達には夢も希望もあります。種とは夢と希望のシンボルです。リンゴ一個の中に種がいくら入っているのかを数えようとしたら出来るでしょう。でも、その一粒の種が成長し、豊かなリンゴを幾つも実らせた時、もうその時にはとても種が幾つあるのか数えることは出来ないでしょう。そのように、あなたも神様の御言葉をしっかりと聞いて、沢山の実りがあるように生きなさいと教えておられるとも言えます。

 最近、息子から影響を受けて「back number」というバンドの歌を聞いたりするのですが、その作品の中に「僕が今できることを」という歌があります。歌詞の中に「僕らは 優しい人に支えられて いつの間にやら誰かの分まで 生きなきゃいけない気がするけど 涙も汗も一人分しか流せない だから自分の思うように 僕が今できることを」という箇所が大好きです。 

 イエス様が話される30倍、60倍、100倍という言葉は、きっと誰かとの比較ではありません。誰かの分まで生きなさい、という意味でもないように思います。むしろ、自分一人がその日、その時を精一杯、一人分生きることが大切で、それが積み重なって、いつの間にか、自分の思っていた何倍もの幸いを生きている。そんな人生が求められているのではないかとも思うのです。まずは、自分が光り輝き、豊かになるために、神様から与えられた一人分の人生を精一杯生きて参りましょう。そこからあなたの、新しい幸いが、また動き始めるはずだと私は思います。

2019年 9月

「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」                          ルカによる福音書5章4節

 イエス様が、湖の湖畔に立っておられると、神の言葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せました。群衆を前にしてイエス様は漁師の舟があったので、シモンの舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すように頼み、そこで舟に腰を下ろして人々に「神の国の良き訪れ」を教え始められました。

話し終えられた時、シモンに「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われました。シモンは驚いて「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何も獲れませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう。」と答えて、網を降ろして漁をしてみたところ、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになったというのです。

 

 その出来事に、更に驚いたシモンはイエス様の足元にひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深いものなのです」と言ったというのです。その後、シモンは主イエスの弟子となり、聖書を読む者にはなじみ深い弟子の一人である、ペトロと呼ばれ、主の働きのために活躍する人となります。

 

 この夏休みに、私と連れ合いとでスイスとフランスに行って来ました。電車で500年前に、宗教改革が行われたスイスの町々を巡りながら、フランスに入り、最後はパリで過ごして帰国して来ました。費用も大分掛かり大変でしたし、全部、私がプランを立てて、飛行機のチケットや電車、宿等の予約は済ませてありましたが、実際の所、それ以外の準備は全くしていなかったに等しい程でした。出かける数日前に旅行バックを購入して、出かける前日に「地球の歩き方」のスイスとフランスを購入しました。連れ合いが飛行機の中でそれを読み始め、旅行期間中ずっと、その本とにらめっこしながら、旅を続けました。私は、英語はともかく、旅のフランス語会話という本を購入したところ、案外良く出来た本だと思われて、これ一冊で用が足りるだろうと思っていたのですが、なんと、家に置き忘れて、頼りのスマホは殆ど圏外で使用出来ず、頼る人もおらず、完全に実力だけで旅を続けることになりました。当初、少し緊張しましたが、結局は、ものすごく楽しい旅行になりました。

 

 連れ合いは、認知症になった私の母の面倒を何年も見ていてくれていますし、義母も90歳で一人暮らしをしていまして、週に一度は東京まで通っています。長年のストレスと疲れが溜まっているのは確実で、少しでも癒して貰えればと願っての旅行の計画でしたし、きっと旅を満喫してくれたと思います。一つ一つの出来事がものすごく楽しい思い出です。

 

 さて、何を伝えたいのかというと、今月の聖書の御言葉の意味は一つです。主イエスの御言葉を聞いて「やるのか」、「やらないのか」ということです。シモンは漁師で、イエス様は漁に関しては素人だと思います。ですから、網を降ろしてみなさいと言われても、自分の知識と経験からすれば、絶対に獲れないだろうとシモンは思ったでしょう。でも、主イエスの励ましの御言葉を聞いて力付けられて「お言葉ですから」と網を降ろしたのです。その結果、魚が獲れました。偶然かもしれません。でも大切なのは、「やってみよう」と思う前向きな気持ちです。やってみた者だけが経験する世界があり、やってみた者だけが、実際に体験して、本物を見ることが出来るのです。皆さん、皆さんのお子さんに、ご家族に、やってみる勇気と、前向きな精神をしっかりと伝えていきたいものです。9月も元気に過ごしていきましょう